先にイメージを決めよう

>

オレンジ色や青白い光

温かみのある部屋を作ろう

自宅の照明器具を、オレンジ色の光にする人が増えています。
温かみを感じられるので、落ち着く空間になるでしょう。
仕事から帰ってきて、ストレスや疲れが溜まっていると思います。
自宅はそれらを解消して、身体を回復させる場所です。
そのため、照明器具の光を利用してリラックスできる雰囲気を作ってください。

照明器具はこれまで使っているもので、光の色だけ変えることができます。
蛍光灯を購入する際に、色をきちんと確認してください。
パッケージに何色なのか記載されているので、すぐに把握できるでしょう。
電気屋によっては、蛍光灯の光のサンプルが売り場に用意されています。
どんな色に光るのか気になったら、サンプルでチェックしましょう。

集中できる効果を発揮する

会社で終わらなかった仕事を、自宅に持ち帰ることがあります。
その時にオレンジ色の光の中ではリラックスしすぎて、眠くなったり集中できなかったりする可能性があります。
仕事をする部屋は、青白い光を選択するのがおすすめです。
自宅の全てを同じ色の光にするのではなく、部屋の用途によって使い分けても良いでしょう。

青白い光は、写真を綺麗に撮れるメリットがあります。
自宅でよく食べ物などや購入した小物を写真撮影する人は、自宅の1か所を青白い光にしておくのが良い方法です。
オレンジ色の光の中で撮影しても、綺麗に見えないので満足できないでしょう。一般に光の色は2種類ありますが、それぞれ特徴が異なることを最初に理解してください。


この記事をシェアする