先にイメージを決めよう

>

狭い場所を明るくする

寝室に設置するのがおすすめ

寝る前に、ベッドの上で作業する人が見られます。
その際は手元だけを照らせれば良いので、ベッドのそばに卓上ライトを設置してください。
すると手を伸ばして照明を付けたり消したりできるので、寝る前にわざわざベッドかから出てスイッチを押しに行かなくても良くなります。
もうベッドに入っているのに、照明を消しに行くのは面倒ですよね。

卓上ライトを用意することで、その負担を削減できるのでメリットが多いと言われています。
卓上ライトもシンプルなものから、かわいらしい傘がついているものまでたくさんあります。
寝室は人に見られる機会がほとんどないので、自分の好みに合わせて選択しても良いでしょう。
好きな卓上ライトがあれば、より快適に眠れます。

ダウンライトを付ける

照明が大きくて目立つことを、悩んでいる人が見られます。
部屋をシンプルに見せることを目標にしているなら、ダウンライトが良いでしょう。
ダウンライトはシーリングライトなどと異なり、天井に埋め込んで使用します。
ですから取りつける場合は、工事が必要になるかもしれません。
ダウンライトの本体価格の他に、工事費用も含めて必要になる合計金額を計算してください。

またダウンライトは、部屋全体を明るく照らすことができないので、広い部屋には向いていません。
どうしてもリビングなど広い部屋に付けたいなら、いくつかのダウンライトを用意するのが良いでしょう。
1つの明かりが小さくても、数が多ければ部屋を全体的に照らすことができます。


この記事をシェアする