先にイメージを決めよう

照明器具の選び方ひとつで明るい住空間に仕上がる

部屋を明るく見せる工夫

基本的にどの照明器具も、蛍光灯を使っています。 寿命がきたら、すみやかに交換してください。 最も交換が簡単なのが、シーリングライトだと言われています。 リビングをオシャレに見せたり、豪華な雰囲気を味わいたい時はシャンデリアに変更しても良いでしょう。

狭い場所を明るくする

卓上ライトやダウンライトは、部屋全体を照らすことには向いていません。 ですから寝室など、リビングよりも狭い場所で利用するのがおすすめです。 寝る前に読書をする習慣がある人は、卓上ライトをベッド付近に設置しましょう。 すると、快適に読書ができます。

オレンジ色や青白い光

照明を変更する場合は、照明器具だけでなく光の色も考慮してください。 同じ照明器具でも光の色が異なると、雰囲気が変わります。 照明器具を変えるのは負担が大きいと考えているなら、光の色だけ変えても良いでしょう。 それなら、もっと簡単に済ませられます。

蛍光灯を交換する作業

リビングなら、天井に付けるタイプのシーリングライトがおすすめです。
部屋全体を明るくしてくれますし、手軽に蛍光灯を交換できる面もメリットです。
蛍光灯には寿命があって、切れたら交換しなければいけません。
その点も踏まえて、どのライトが良いのか考えてください。
部屋を豪華な雰囲気に見せたいなら、シャンデリアを設置するのが良い方法です。
照明を変えるだけでも雰囲気が変わって、気分を一新できるでしょう。

寝室には、卓上ライトがあると良いですね。
すると手元だけを明るくして、本を読んだりスマートフォンを操作したりできます。
部屋全体を明るくしていると、寝る前に照明を消しに行くのが面倒になるでしょう。
卓上ライトだったら手元で操作できるので、眠くなったらすぐ消せます。
部屋をスッキリ見せたいなら、ダウンライトというものを購入してください。
こちらは、天井に埋め込んで使う製品になります。
ですから取りつける際は、工事が必要になりますが部屋をシンプルに見せられるでしょう。

また、照明の光の色にも注目してください。
オレンジ色の光だったら、温かい雰囲気を生み出すことができます。
目にも優しい色なので、リラックスしたい空間ではオレンジ色の光を使うと良いでしょう。
青白い光の照明もあります。
ハッキリとした空間を生み出したい時に、活用してください。
集中力を高める効果がありますし、さらに写真をうまく撮影できるというメリットもあります。